食事や会話をするとガキッと音が鳴り痛い

お住いの地域
奈良県
ご年齢
30代
お仕事
会社員
お悩みの症状
顎の痛み

Nさん 様が当院に来院された経緯

数週間前から奥歯が浮いているような違和感が始まり、朝起きると噛み合わせがズレているような感覚。

食事や会話をしていると、ガキッと音が鳴ることがあり、右顎に痛みが走る。

数年前にも食事中に同じような症状があり、口が開けれなくなり来院したが、

少し軽減されたので、治療を中断したが、再発。

何が原因か?

検査・原因分析

首、顎、側頭筋の検査を行った結果、開口異常と側頭筋の硬さ、噛み合わせ異常がみられた。

 

食事の際の片側偏移、また奥歯を使えていないことから、噛み合わせ異常、

開口異常につながり、また噛み合わせ異常による噛みしめから側頭筋が硬くなり、

伸縮性が乏しいため、食事や会話の際に音が鳴り痛みが走ると考えられる。

 

施術プラン

噛み合わせを改善し、噛みしめの軽減をはかる。

側頭筋の緊張をとり、開口時の変化をみていく。

経過

施術1回目

まず、噛み合わせ異常の現状把握とこれからの施術プランを説明。

顎の調整を行った上で、側頭筋の緊張を取った。

噛み合わせの違和感が軽減。

食事の際の噛み方を指導し、自宅で行うよう伝えた。

 

施術2回目

起床時の噛み合わせのズレ感は残るものの、音や痛みはなくなった。

前回同様、顎と側頭筋の調整を行った。

 

施術3回目

起床時のズレ感がある日とない日がでてきた。

痛みや音の再発はない。

 

施術4回目

前回の治療後、起床時のズレ感がない状態が1週間ほど持続した後、

起床時のズレ感が再発

初診時同様、顎と側頭筋の調整を行った。

 

施術5回目

初診時以降、痛みの再発はなく、前回の治療後から起床時のズレ感の再発も出ていない。

引き続き同様の治療を行った。

 

施術6回目

治療期間を10日あけての来院。

症状の再発はなく、安定している。

側頭筋の硬さや顎の異常も見られず、症状・体の状態ともに良好。

 

今後

通院間隔を2週間、3週間と伸ばしていき、再発がみられないか確認する