type-single

顎関節症による痛み5つの種類と原因

 

顎関節症、一般的な5つの対処法が効かない理由

 

 

「顎に違和感がある」

「口を開けようとするとなんだか痛い」

そんな方は、顎関節症の可能性が高いですね。

そしてできれば、適切な治療を早めに受けることが必要です。

 

顎関節症は、顎の関節と関連する筋肉の病気。

顎関節や筋肉の痛み、雑音、開口障害、顎運動異常

などの症状がある人が

顎関節症と診断されます。

 

原因としては、

咀嚼筋障害、関節や靭帯の障害、関節円盤の障害など、

いろいろなことが考えられます。

 

ですが症状として多く挙げられるのが、痛みです。

この痛みの症例で多い5つをご紹介します。

 

  • 口の開閉時に痛む

口を開閉するときに関節で働く関節円盤がずれたり、損傷したり、顎の筋肉の血流が悪くなったり、筋肉が硬直したりすることで痛みが生じます。

 

  • 歯を噛み合わせるときに痛む

本来歯は、安定しているときには上下で当たることはありません。噛み合わせたときでも、痛むことはありませんが、「常に上下の歯を噛み合わせている」「寝ている間に歯ぎしりをする」などのクセから痛むことがあります。

 

  • 片方の顎が痛い

片方の歯でばかり噛むクセがある場合、片頭痛や咬筋、翼突筋に強い力がかかり、方々の顎の痛みにつながることがあります。このクセを放置すると、顎関節のずれから首、肩、腰などのバランスの崩れにつながることもあります。

 

  • 顎だけでなく、首や頭も痛い

体はひとつながりですから、つながっていて近い部位である首や頭の痛みを発症することもあります。痛みがあるということは、顎周辺の筋肉や靭帯、血流の流れに異常があるということ。痛みはストレスを増幅させて自律神経を乱すことにもなりますので、注意が必要です。

 

  • 顎の痛みに加えて音がする

顎を動かしたときに、痛みとともに雑音が聞こえるケースもあります。症状が軽度な場合は、「カク」という音。症状が進行すると、「ジャリジャリ」「ミシミシ」などの雑音が連続するようになります。

 

こうした痛みを放置することでストレスもたまります。

ストレスがたまれば自律神経の乱れにもつながって

さらなる顎関節症の悪化に…。

 

「痛い」は我慢せずに、

原因の特定と症状の改善に努めましょう。

 

当院ではまず、

体全体のバランスを拝見いたします。

 

「顎の調子が悪いです」と来られた方が、

実際は体の別の部分の歪みが原因であったということも多いからです。

 

不良を感じている方は、

お早めに当院へご相談くださいませ。

その他の記事