type-single

顎関節が痛い原因は?顎関節症について知っておこう!

痛みがあるのは異常のサイン!顎関節症とは…

体のどこかが痛むのは、

体のどこかに異常があるというサインです!!

 

例えばあなたは、顎の関節に痛みや違和感を感じていませんか?

通常動かしても痛むはずのない顎に、傷みや違和感を感じているなら、

顎関節症かもしれません…

 

顎関節症は、

食べ物を噛む、会話をする、口の開閉など

主に顎を動かしたときに

「痛み」「カクカクする」という症状が現れます。

ひどい場合は顎関節だけでなく、頬、こめかみまで痛くなることも!

また通常は、口を開いたときに指が3本入るのですが、

2本入るほども開かなくなったりします。

このほか、

ミシミシという音が聞こえたり、

噛み合わせに違和感を感じたり、

口を完全に閉じられなくなったり…。

 

「顎」というたった一部分の症状で、

日常生活を快適に送ることができなくなってしまいます。

どうして顎関節症になるの…?

この顎関節症の原因として、

噛み合わせが悪いからだと思っている方が非常に多いです。

でも実は、精神的なストレスが原因であることが大多数なんです!!

 

ストレスで緊張が続くと、

私たちの体は知らず知らずのうちにストレスを発散しようとして

歯を食いしばったり、寝ている間に歯ぎしりをしたりします。

その時、顎の関節に大きな負担がかかり、

関節や周辺の筋肉を痛めてしまい、痛みが出るのです。

 

痛みはないけれど、「カクカク」「ミシミシ」という音がするという方は、

顎関節症になりかかっている予備軍です!

ひどくなる前に、ストレスを発散することを心がけたり、

顎関節に負担がかかる食べ方(偏咀嚼)や頬杖をつくなどの姿勢を

やめるように心がけましょう♪

 

何をやっても治らない…あきらめる前に!

ストレス解消に努め、食べ方や姿勢を変えてみても痛みが続いているという方は、

一度当院で顎関節症の原因を調べてみませんか??

 

顎関節症の原因の一つとして、

これまでの生活のクセで、体に歪みが生じていることも挙げられます。

 

人の体はひとつながりなので、どこかに不具合がある場合は、

別の場所が歪んでいて血流を悪くするなどの影響を与えている可能性があります。

 

そのおおもとを見極め、血流を改善することで

顎の痛みや違和感が解消されたという方もたくさんいます!

 

食事や会話などの日常生活が辛くなってしまわないように、

早めの受診をお勧めします。

その他の記事