顎関節症の方がマウスピースで失敗する理由!!なぜか知ってますか?

顎関節症で、

マウスピースを使っている方は要注意!!

 

なかなかよくならない

あなたに読んでほしい

きっと役に立つはずだから。。。。

 

私は、

顎関節症の治療のためにマウスピースを使うことは

お勧めしていません。

その理由を書かせていただきますね。

 

例として、Bさんの体験を使わせていただきます。

 

Bさんは、顎関節症になってから6年ほど

マウスピースで痛みをやわらげようとされていました。

でも、残念ながら症状はよくならなかったのです。

 

そして言われたことは

「もう、あんな苦しみは二度と味わいたくない」

でした。

 

マウスピース治療というのは、

その人の歯並びに合わせたプラスチック(マウスピース)を歯に取り付け

顎の位置を整え、噛み合わせをよくしよう

という治療法です。

 

噛み合わせがよくなって筋肉や関節の負担が減り、

痛みがラクになれば…

ということで治療を受け始めたそうです。

顎関節症の治療としては、

最も広く受け入れられている方法です。

 

ですが実際には、

マウスピースで筋肉や関節の痛みをとることは難しいのです。

なぜ…??

 

まず顎関節症の原因を考えてみましょう。

 

一般的には顎関節症の原因の多くはストレスや原因不明と言われています。

私たちは、ストレスを発散しなければならない状態になると、

脳が無意識に歯ぎしりや食いしばりという行動をとらせます。

特に睡眠中に多くみられる行動です。

その結果、

顎の関節に痛みや不具合が発生するのです。

 

そうした不具合をマウスピースで緩和しようとした場合

どういうことが起こるかというと…

 

★マウスピースを装着した時点では、新しい感覚に脳が戸惑って筋肉の緊張が緩和

(安心して食いしばってなんだかよくなった気持ち)

★もともとないモノがあるので違和感を感じ力が入りっぱなしになる。

(余計に口周りの筋肉が疲労する)

 

あらら!

マウスピースをつけて負担を軽減しようとしていたはずなのに、

かえって筋肉が緊張して痛みや違和感が増してしまった!

という悲劇を招いているんです。

 

その場しのぎの治療なのですね…。

 

Bさんの苦痛が緩和されなかったのも当然です

顎関節症だけでなく

さまざまな症状に共通していえることですが、

症状が出ている部分をほぐせば治るというものではないのです。

身体の土台となっている

背骨や腰にも歪みや問題があると考えられます。

 

当院では、

不具合が感じられる部分だけを見ることはしません。

不具合の原因が何なのかを見極める検査をしたうえで、

全身の身体の歪みを整える施術を受けていただきます。

 

いろいろと試していろんな病院口腔外科などに行って

効果がなかった方にこそ、

お試しいただきたいと思っています。

ぜひ、ご相談ください。

豊富な施術経験を持つスペシャリストだから出来る超安心の施術!!

顎関節症の治療に骨格の調整が効果的だとは言え、骨をボキボキされたり痛くされるのはちょっと…とお考えの方もいらっしゃることでしょう。

 

大阪市大正区のひろ整骨院の施術に関しては、そのような不安は一切無用です。
なぜなら・・・
年間5000件以上の施術実績!
ドクターからの推薦を受けてる施術!!
多数の雑誌掲載!!金銭を払って載せてもらったことはございません)

が信頼の証です!

 

当院の施術の特徴でもある無痛整体はその名前の通り痛みは全く御座いません。

 

非常にソフトな力でおこなう安全な施術です。強い力を使わなくても、きちんと体のバランスを正常な状態へと整えていくことができる確かなテクニックを是非実感してみてください。

 

06-6551-2223

電話はちょっと恥ずかしいなって方や、質問や気になることなど

メールでも承っていますのでドシドシ送ってきてください^^

顎関節専門のページはこちら

口コミ(動画)はこちら!

口コミ(口コミサイト)はこちら!

長年の腰痛はお悩みの方はこちら

その他の記事