実は体のゆがみからくる顎関節症があります!ひろ整骨院で根本的によくして痛みのない生活手に入れる!!

顎関節症は顎だけに問題があるとは限りません。実は体のゆがみが原因となって引き起こされているケースも多いのです。

ここでは、体のゆがみとの関係について、さらに大阪市大正区のひろ整骨院での治療法についてご説明しております。

 

口を開く動作をするときに使う顎関節は耳の前部分にあります。口を開いたり顎を動かしたときに「カクッ」、「ジャリッ」、「ミシッ」などと音がしたり、違和感や痛みを感じる、大きく口を開けることが出来ないという場合には顎関節症の可能性があります。

実はこの顎関節症、顎部分だけに問題があるのではなく、全身のゆがみが影響して発症しているケースがとても多いのです。そうした場合には歯科や口腔外科などでの治療だけではなく、大阪市大正区のひろ整骨院での独自の治療が大きな効果を発揮いたします。

それでは何故顎以外の部位にあるゆがみが顎関節症を引き起こすことになってしまうのでしょうか。まずは何故体がゆがんでしまうのかということを知っておきましょう。交通事故などで大きな衝撃が外から加わるというようなケースだけではなく、誰にでも起こりえるものであり、ちょっとしたことでバランスが崩れてしまうために注意が必要なのです。

体のゆがみはなかなかご自身では気づきにくいもの

ご自身の体にゆがみが生じているかどうか、ということは普段あまり意識しないのではないでしょうか?鏡の前で真っ直ぐ立って見てみても、特にゆがんでいるとは感じないかもしれません。しかし大阪市大正区のひろ整骨院の専門家が全身をチェックさせていただくと、骨盤や背骨などを中心にゆがみが見つかることが多々御座います。

たとえば、日頃から姿勢が悪くて猫背になっていたり、長時間同じ姿勢でのデスクワーク、立ち仕事など、ちょっとしたことの積み重ねによって徐々に体のバランスが崩れてしまいます。

目で見ても、たとえレントゲンをとっても気が付かないくらいの微妙なゆがみであっても、私たち人間の体には様々な悪影響が出てきてしまいます。肩コリや腰痛などが代表的ではありますが、顎関節症の場合にも体のバランスについて考えてみる必要があると言えます。

何故顎部分に症状があらわれてしまうのか

腰部分にある骨盤と顎というと離れた場所にあるため、一見すると関係性が無いように思われるかもしれません。しかし、骨盤というのは全身を支える土台とも言える部位であり、骨盤にゆがみがあることで背骨、首、頭まで連動してバランスが崩れてしまいます。これが顎関節症を発症するキッカケとなってしまうことが多いのです。

今現在口を開けると痛みが出て困っているという場合、痛み止めのお薬を飲んで安静にしておけば一時的に痛みは鎮まるかもしれませんが、お薬の効果が切れれば再び痛み出してしまいます。顎関節症を根本から解消するためには、大阪市大正区のひろ整骨院で全身のバランスをチェックしてきちんと原因を見つけ出すということもとても重要なポイントになります。

頭の先からつま先まで丁寧な施術でバランス調整

大阪市大正区のひろ整骨院での顎関節症治療は、頭から首、背骨や骨盤など全身へのアプローチをいたします。骨格を調整するというと、強い力を使って骨をボキッと鳴らすようなものだと考えている方も少なくないでしょう。ただし大阪市大正区のひろ整骨院の施術は、優しい力でおこなう無痛整体が特徴となっておりますので心配は要りません。

顎関節症は成長期のお子さまにも増えている症状で、放っておくと将来的に噛み合わせが悪くなったり色々な不都合が生じてしまいます。お子さまでも安心して受けられる施術ですのでご安心ください。体のゆがみやズレ、ねじれなどを丁寧に整えていくことが、つらい顎関節症の原因を取り除くことにつながります。

また、日頃の姿勢やクセ(頬杖をつくなど)を正すことも顎関節症の再発防止には欠かせませんので、患者様ごとに気をつけていただきたいこともアドバイスいたします。