顎関節症に対して歯科とは異なるアプローチができる大阪市大正区のひろ整骨院

 

大阪市大正区のひろ整骨院での顎関節症治療は、歯科や口腔外科での治療とは全く異なります。ここでは、それぞれの治療にどのような特徴があるのかについてご紹介しております。
痛みだけをとるのでなく再発まで防ぐための施術がここにあります。

 

 

顎関節症になってしまった場合、まず思いつくのが歯科や口腔外科といった病院での治療ではないでしょうか。顎関節症の原因が、虫歯によるものだったり、歯と歯の噛み合わせが悪いというような口の中に問題があるというケースであれば、専門的な治療が必要になります。

しかし、顎関節症の原因というのは口の中以外に潜んでいるケースも珍しくないのです。たとえば、頭蓋骨のズレ、頸椎や背骨、骨盤といった骨格のゆがみによって顎関節にも負担がかかっており顎関節症を引き起こしてしまっていることもあるのです。このようなことが原因になっているという患者様の場合には大阪市大正区のひろ整骨院での治療をオススメいたします。

歯科や口腔外科、そして大阪市大正区のひろ整骨院での治療内容というのは、全く違った方向からのアプローチになりますので原因、症状、お体の状態に合わせて適切な治療法を選択するようにしましょう。

歯科や口腔外科での治療とは?

顎関節症の治療を受けようといつものかかりつけの歯科医院に行っても対応が難しいというケースもあります。普通の虫歯の治療などとは違って専門的な器具や技術を使っての治療となるため、口腔外科が専門になります。

飲み薬やひどい痛みの場合は注射などですぐに痛みを取り除いてできるだけ安静にするというのが基本的な治療になるでしょう。その他にも、顎関節周りの緊張や炎症を起こしている筋肉に刺激を与えて緩和したり、就寝時に装着するマウスピースを装着して顎にかかる負担を抑えるスプリント治療などもあります。たとえ顎関節症の症状が強い場合であっても、病院で手術をするというケースはほとんどありません。保存療法がメインになるでしょう。

長引く症状で毎日の生活がつらい方へ

顎関節症の治療のために口腔外科などに通っていても思ったように改善せずに痛みや違和感が長引いてしまうというケースもあります。話すとき、食べるとき、口の開閉というのは毎日頻繁におこなうものですから顎にかかっている負担というのは大きなものです。痛み止めのお薬で一時的に良くなったかな?と思ってもしばらくするとまた不具合が出てきてしまうこともあります。

色々検査をしたけれども特にこれといった原因が口腔内にはなかったという場合や、頭痛やめまい、肩こりや首こりといったその他の症状も併発してしまっているという場合には是非大阪市大正区のひろ整骨院の治療をお試ししてみてください。

当院での顎関節症治療はお薬での対症療法ではなく、原因となっている骨格のゆがみを整えるという施術になります。一日でも早く不快な症状を取り除いて快適な生活を送るためのトータルケアが出来るというのが特徴です。

当院の治療が効果的な理由について

顎関節症の治療だからといって顎に対して施術をすれば良いというものではありません。痛みや違和感のある顎部分を触らなくても他の部位へのアプローチで顎関節症を根本から解消可能な場合も珍しくないのです。

大阪市大正区のひろ整骨院では、顎周辺の神経を圧迫してしまいがちな首部分の矯正、さらには頭蓋骨(側頭骨)のズレの調整、人間の体を支える重要な役割を持つ骨盤の矯正など、患者様お一人お一人の身体の状態に合わせて独自の無痛整体をおこなってまいります。当院の治療でお薬を使うことはありませんから、現在痛み止めのお薬を飲んでいるという方でも副作用の心配はなく安全に受けていただくことが出来ます。

体のゆがみというのは、不良姿勢や精神的なストレス、日頃のクセ、生活習慣の乱れなど様々なことが要因になって徐々にあらわれてしまうものです。顎関節症以外にも全身に悪影響を及ぼしてしまいますから、気になる点が御座いましたら是非お早めにご相談ください。